×

CATEGORY

HOME»  ランク別シングルオリジン»  トップ・スペシャルティ»  エチオピア ゲシャビレッジ チャカ ナチュラル 150g

エチオピア ゲシャビレッジ チャカ ナチュラル 150g

ETHIOPIA Gesha Village Chaka Natural

*パナマゲイシャの故郷エチオピア ベンチマジ ゲシャ。その地でゲシャ原生品種に特化したコーヒーを栽培する言わずと知れたゲシャビレッジ農園。その農園の最もスタンダードとなる本ロット「チャカ ナチュラル」は農園の8つある区画のブレンドロットとなります。安定感を最重視したと言われる美しいフレーバーの本ロット。とても甘く熟したイチゴの様なフレーバーが特徴です。ゲシャだけが持つテロワールを存分にお楽しみください*


生産地:エチオピア南西部、ベンチマジ地区 ゴリゲシャの村
標高:1900〜2000m
農園:ゲシャビレッジ農園
生産代表者:アダム&レイチェル夫妻
品種:*1:ゲシャ原生品種(ゲシャビレッジ農園独自で選定したゲシャ在来種からの選抜品種)
*1:ゲシャビレッジ農園では、ゲシャ在来種6種類あると言われる中で、試験栽培の検証の後、風味特性に優れるゴリゲシャ、ゲシャ1931、イルバボールの3種類に絞り栽培をしております。その内“ゲシャ1931”と名付けられた品種が、ゲノム解析の科学的検証でパナマ エスメラルダ農園のゲイシャとDNA配列がほぼ同じという結果が出ております。このgesha1931という品種がパナマに渡り、いわゆるゲイシャ品種となったという説がゲイシャ品種誕生の最有力説です。
風味属性:ストロベリー、アプリコット、洋梨、ウォーターメロン、ハニー、フローラル、ミルクキャラメル、コンプレックス、エレガント、スムースマウスフィール、ロングアフターテイスト


エチオピア産の豆としては非常に大きく縦長の形をしており、まさに見た目はゲイシャ品種そのものです。


パナマゲイシャのルーツとなるこのゲシャ原生品種ですが、いわゆるゲイシャか?と言われれば、あのゲイシャ独特のジャスミンの様なフローラル感をほぼ感じず、正直微妙なところです。
「ゲイシャ」として先入観を持って飲んでいただくことはあまりお勧めしません。
いわゆる「パナマゲイシャ」とは、似て非なるものとしてお楽しみいただければと思います。

ですが、ゲシャならではの風味特性を有する、上質な酸・甘さを持った素晴らしいエチオピア産ナチュラルコーヒーには違いはございません。

フレーバーは、シンプルにとても甘い熟したイチゴを強く感じ、また潤いを感じる洋梨やスイカのような透明感ある果実の甘さも感じます。また全体を通して非常にエレガントな印象のコーヒーからは、やはりどこかゲイシャに通じる類似性もあるように思います。
(エチオピアの名産地イルガチェフェ産と比べますと、同傾向のフレーバーながらゲシャの方は酸が弱く落ち着いている印象です。)

またゲシャビレッジ農園は、ゲイシャ品種のルーツ“ゲシャ原生品種”に特化したスペシャルティコーヒー農園として非常に重要な意味合いもある、世界から注目されている農園です。
(90.0点オーバーのナノロットなどは、いずれもプライベートオークションで非常に高値で落札されます。またオークションロットではございませんが、ゲシャビレッジ農園の特別な上位ロット「グロワーズ リザーブ(通称レッドラベル、SCAA score:88.0 over)」も当店では取り扱いしております。高価格帯のコーヒーとなりますので、こちらはスポット的に販売いたします。)

この「チャカナチュラル」は、ゲシャビレッジ農園の入門編ともいえる最もスタンダードな銘柄となりますが、パナマゲイシャのルーツである、「ゲシャ」という産地のテロワールを存分にお楽しみいただける素晴らしいロットと思います。

そして熟した甘いイチゴの様なフレーバーをエチオピア産コーヒーに求めるなら、本ロットが特におすすめです!


*焙煎日:22/4/27



*生産者情報など詳しくは後日追記します。
またゲイシャ品種については、「パナマ ベルリナ ゲイシャ ドリップバッグ」にて詳しく説明してますので興味がございましたら是非ご覧くださいませ。














 

NEW

  • エチオピア ゲシャビレッジ チャカ ナチュラル 150g

  • 販売価格

    1,960円(税込)

  • 在庫

    10個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CATEGORY

CONTENTS