×

CATEGORY

HOME»  ランク別シングルオリジン»  トップ・オブ・トップ»  エチオピア ニグセ・ゲメダ・ムデ ナチュラル 特別ロット 150g

エチオピア ニグセ・ゲメダ・ムデ ナチュラル 特別ロット 150g

ETHIOPIA Nigussie Gemeda Mude Natural

 

*記念すべきエチオピアCup of Excellence2020年度優勝、21年度も25位入賞と二年連続でCOE受賞を獲得*

*世界から注目を浴びる新進気鋭の生産者の素晴らしいナチュラルロットです。今回ご提供する2021年度ニュークロップとなる本品はCOE審査会の出品ロットとは異なりますが、そのCOE審査会のジャッジも務め、また日本スペシャルティコーヒー協会会長も務める丸山健太郎氏が現地生産者より厳選して買い付けた特別なロットとなります。本年度COE出品ロットよりもカップクオリティに優れる、貴重なコーヒーをご体験ください*


生産地:シダマ、ブレ郡 カラモ住民自治組織 ハイーサ村
標高:2320〜2380m
農園名:ニグセ・ゲメダ・ムデ農園
栽培面積:13ha
生産者:ニグセ・ゲメダ・ムデ氏
品種:#74158(Kudhume種の亜種、現地種)
生産処理:ナチュラル
風味属性:キウイフルーツ、グリーンアップル、ライム、マスカット、スパークリングワイン、ライチ、ラズベリー、フローラル、バニラ、ダークチョコレート、スイートスパイス、ビビッドアシディティ、コンプレックス、シルキーマウスフィール


*本ロットの丸山健太郎氏によるCOEと同基準のスコアー:90.50点
ちなみにETHIOPIA COE 2020優勝ロットのスコアーは91.04点、
2021'本年度COE受賞ロット(25位)のスコアーは87.56点となります。

その2021'COE25位入賞のオークションロットも来年1月に入荷予定です。入荷は少し先になりますが、そちらも楽しみにお待ちください。但し、カップクオリティはオークションロットより本ロットの方が上回ります。


ドライではダークチョコレート、バニラ、甘い焼き菓子のようなアロマを感じます。
カップでは一転、鮮烈なフルーツフレーバーとフレッシュで鮮やかなアシディティがあり、一飲みで心を奪われます。

フレーバーはキウイフルーツのような果実感・甘さが最も強く、グリーンアップル、マスカット、ライムのような爽やかな印象の果実も感じます。また、焙煎から二、三日ほどは微炭酸のような質感の印象もあり、爽やかなフレーバーと相成りスパークリングワインを思わせます。(焙煎から日数経過により微炭酸のような印象は落ち着きます。ですがその後は、甘さも前に出てより風味バランスも良くなる傾向にあります。)

こういったスパークリングワイン・微炭酸を思わせる質感の印象はウォッシュドのゲイシャ種やクオリティの高いウォッシュドのイルガチェフェ産などでも稀にみる事が出来ますが、ナチュラルプロセスでは初めての経験です。

またナチュラルプロセスではありますが、プロセス由来のフレーバーに傾向してはおらず、明らかに他の産地のエチオピア産ナチュラルとは印象が異なります。

鮮烈な印象のフレーバーだけではなく、ドライ時に感じたバニラのようなアロマは、飲んでいる時には複雑な果実味あるフレーバーに隠れておりますが、低温帯時・アフターテイストで再び感じられ、このコーヒーに柔らかい印象をプラスさせてくれます。

シダマ産ならではのテロワール。まごう事なく90点オーバーの素晴らしいコーヒー。
エチオピア産ナチュラルのイメージを一新させる、まさに宝石のような貴重なコーヒーをご体験ください!


*焙煎日:21/10/31
*お買い上げくださったお客様、大変ありがとうございました!次回ご提供は12月中頃を予定しております。







 

NEW

  • エチオピア ニグセ・ゲメダ・ムデ ナチュラル 特別ロット 150g

  • 販売価格

    2,700円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • ニグセ・ゲメダ・ムデ氏が生産するコーヒー


    ニグセ・ゲメダ・ムデ氏は13haの農園で、コーヒーの他に小麦、テフ、大麦、竹を育てております。
    コーヒーの生産量は年間でコーヒーチェリー15トンほどの小さな農園です。

    ニグセ氏は元々国際的なマーケットの繋がりを持っていなかった為、2019年まで自分のコーヒーを地元のコーヒーバイヤーやECX(Ethiopia Commodity Exchange:エチオピア商品取引所)に販売しているエチオピアでは一般的なコーヒー農家でした。

    そんな折、ニグセ氏のコーヒーは2020年に開催された記念すべき第一回のエチオピアCup of Excellenceで91.04点というスコアで見事優勝を果たします。

    さらに先日開催された第二回のエチオピアCOEでも25位を受賞しております。

    初回からハイレベルなロットが数多持ち込まれたエチオピアにおいて、上位30位にランクインするだけでも大変な偉業です。二年連続でその名を連ねたという事は、継続して良質なロットを生み出せる十分なポテンシャルを持った、素晴らしい生産者であることの証です。

     

    以下は第一回エチオピアCOE優勝時のニグセ氏の言葉です。


    「私はずっとナンバーワンになる事を目指してきました。この結果を通して、私たちの素晴らしいコーヒーを宣伝し、市場獲得の機会を得られるのではないかと、とても興奮しております。特別な表彰を受けた事は栄誉であり、さらに頑張るための励みにもなります。」



     

関連商品

CATEGORY

CONTENTS